英語を活用する仕事とは?よく選ばれる3つの方法

外資系への転職によって活躍

外資系企業に転職することで英語を活用できるようにするというのはよく考えられる選択肢です。外資系企業では海外の本社や支社のスタッフとのやり取りが重要になると共に、基本的なフィールドが世界であることから英語を常用するようになります。転職の際には高い英語のスキルが求められることが多いため、もともと英語力に長けていると有利であるのも注目される理由です。分野も幅広いことから、興味に応じて仕事を選ぶことができるでしょう。

英語教育を担う選択肢

英語を活用するには教育を担う道もあります。教員免許を持っている場合には学校に勤めることもできますが、そうでなくても多様な職場で教育に携わることが可能です。家庭教師や英会話スクールの講師がよく注目されるものであり、英語のスキルに応じて適切な職場を選ぶことができるでしょう。転職をする際には英語によるコミュニケーション能力だけでなく、ライティングやリーディングの能力も求められますが、総合力があると重宝されるため、英語力に自信がある人には魅力となっています。

英語と日本語の両方を活用する翻訳

英語だけでなく日本語も活用していきたいという人から人気が高いのが翻訳の仕事です。専門知識があるとさらに重宝されるのが特徴であり、医学英語や情報技術系の英語に長けていると翻訳家としての転職が容易に行えます。英語を読解するだけでなく、正しくわかりやすい日本語にできる必要があり、その逆も行えなければなりません。高いハードルがあるものの、それだけ担い手が少ないことから英語と日本語の両方に自信がある人にとって有力候補となっているのです。

英語の転職をするためには、英語に関する資格を身に着けることをお薦めします。とくに、英検1級、または、TOEIC800点以上の英語力を持っていると有利です。