短期及び長期アルバイトの持ち味や優れた点と弱点に関して

短期と長期のアルバイトとは

大学生にかけてアルバイトの体験をした方も多いと考えられます。アルバイトといっても、1日から1カ月くらい作業する短期バイトそれから、長期にわたって勤務し続ける長期バイトがあります。まず、短期バイトはショップなどで実行している実演販売、あるいは工場軽作業、さらにイベントや引越しなど、いろんなところにあります。加えて一定期間だけ、郵便局における年賀状仕分けもしくは配達それから、お歳暮であったりお中元についての仕事も、短期バイトです。

短期アルバイトの魅力と問題点

短期アルバイトの長所はやはり好きな時間に勤務することが出来るという部分です。一番短くて1日から勤めるので、自らの空きのある日に勤務することが出来るうえ、前日さえも求人しているケースもあるので、いきなりスケジュールが空いても雇ってもらえます。しかしながらどんなときも仕事があるわけではないので、自分自身が勤めたい時に仕事がないというケースも見受けられます。その結果、入る金銭がやはり不規則になってしまいます。

長期アルバイトの強みと弱みとは

長期アルバイトの利点は、何と言っても安定的に仕事ができるという部分です。月ごとに定められた日に仕事に着手することから、それなりの原因があって長期にわたり休んだりしなければ、確固たる収入が入ります。加えて必要な条件を満たせば正規雇用社員と同様に有給休暇もあるので、それについても魅惑的です。しかしながら長期にわたって勤務していると重い責任のあるポジションになったり、アルバイト先によって自分自身の身体を休めたい局面で休日がとれないことがあり、短期アルバイトと照らし合わせて自由な時間が多くないというマイナスポイントがあります。

工場の求人の募集内容を見極めるうえで、実績のある転職サイトなどの求人媒体を使いこなすことがとても大事です。