子育ての生きがいを見つけて仕事両立をしよう

結婚後の仕事はどうする

結婚後の仕事は続ける人と、やめる人とライフスタイルによって様々です。結婚すると家事をやらないといけなくなり、仕事もすると両立しないといけません。収入を得る事で安定した生活を送る事が出来るため、仕事をする人が多くなります。バランスを取るために、正社員から融通の利くパートに代わる人もいます。中には配偶者の転勤や遠くの人との結婚などで、引っ越しをしないといけなくなり仕事を辞めないといけなくなる人も出てきます。

産後の仕事はどうする

産後の仕事復帰は、給付金を貰って休めるまで休んでから復帰すると良いです。給付金は、出産育児一時金と出産手当金があります。出産育児一時金は健康保険組合加入の被保険者で、出産すると42万円支給されます。もう1つあり雇用保険から、休を取得して1歳に満たない子どもを養育する時に支給されるようになっています。出産手当金は、産休中の生活を保障するために健康保険組合からの支給になります。これらをもらってから復帰すると、生活も十分安定して送れます。産後は思っている以上に体調が崩れやすいため、体を労わりながら復帰時期を見極めるようにします。

子育てをしながら仕事をする

子育てをしながら仕事をする時に、短時間労働の求人でも融通が利かない会社もあります。仕事量がフルタイムの量がないために、短時間にしているだけで正社員と同じ仕事を任せる所もあるので注意をします。時給が低い求人を探す事で、子どもの健康状態などで急に休める事が多くなります。勤務時間を考えて、中途半端な時間を有効的に使います。子どもが小さい場合に使える10時から15時の間だと、スーパーや工場の軽作業が求人として多いので選びやすいです。子どもが保育園や小学校に行っている間に働けるので、仕事が終わった後に子どもと過ごす事が出来ます。

主婦のパートは時間がありませんし忙しいので短時間のパートがオススメです。そして子どもが保育園に行っている間の時間に働ける仕事がいいと思います。