歯科医師のなり方~求められる人材と能力とは

歯科医師の道に進む手順とは

多くの人のお口の健康を守ってくれる歯科医師は歯科大学または大学歯科部を卒業し、国家試験に合格してから一年以上の研修を受ける必要があります。歯に関しての高い知識を持った方だけが歯科医師も道へと進めるのです。全国各地に歯科大学があるわけではないので、学費以外に掛かる出費も多いのが現状です。年々、国家試験の内容が難しくなっている傾向にあります。この分野では誰にも負けないという想いと高い技術が必要になってきます。

歯科医師に向いている人

高い技術はもちろんですが、歯科医師に向いている人として挙げるなら「手先が器用なこと」と「思いやりを持って献身的な治療ができる」ことではないのでしょうか。口の中は狭い範囲です。治療で使う器具はたくさんありますので、手先の器用さが求められます。単調に仕事をこなすだけでは、かかりつけ医になることはできません。親しみやすさがあれば子供からお年寄りまで多くの人が「また来たい」と思う歯科医院になるはずですよ。

常に向上心を持つこと

難しい国家試験に合格したからと言って、その時点で歯科医師の勉強を辞めるのではなく、常に向上心を持っていることが大切です。研修やミーティング、会議など他院の歯科医師をふれ合う時間は自分自身にとって、かけがえのない財産になるはずですよ。歯科医師として、スタッフを引っ張る上司として、身に付けなければいけないスキルはたくさんあります。スタッフ、患者さんに信頼されるような歯科医師でいるには努力を積み重ねることが大事なのではないのでしょうか。

歯科医師の求人のメリットとして、賃金が高額であることや、研修制度の内容が充実していること等があります。