素肌がキレイと想像させるメイクアップとは

色あせない大人のメイク

メイクをしていても素肌がキレイな人なんだろうな、と想像させるようなくすみのない顔を作ることがこのメイクの目的です。年齢とともに、肌にはくすみや色むらが現れます。でも〃くすみを解消=厚く塗って隠す〃ではありません。隠したいからと顔全体にたっぷりファンデーションを塗っては、かえって立体感のないのっぺりした顔になってしまいます。ポイントポイントにひと手間をかけることで、素肌が美しく見える、自然なメイクを心がけましょう。

少しの補正で大きく変わる

頬の高い位置にシミが出ている人は、チークをのせることでシミがかえって目立ってしまうことも。でもクルームチークにコンシーラーを混ぜて塗ることで、気になる部分は隠し、自然な血色感を肌に演出できます。コンシーラーとチークを混ぜて使うだけで本当に効果があるから、頬にシミやくすみがある人は、だまされたと思ってぜひ一度ためしてみてほしい、おすすめのテクニックなんです。目もとや口もとにも同じようにひと手間を。少し補正してだけで、肌の見え方は本当に変わりますよ。

おすすめのテクニック

まぶたを軽く見せるには明るいピーチベージュカラーを、指の腹でアイホール全体に塗り、まぶたの色補正します。カラーレスでまぶたをやわらかく仕上げ、上に好きなアイカラーをのせることも可能です。シミを隠して血色感を加えるには、手の甲でクリームチークにコンシーラーを少量プラスします。よく混ぜてから頬の高い位置からやや横長にポンポンと叩き込みましょう。こうすることでシミや毛穴を自然にカバーし、血色感がプラスします。

ヘアメイク派遣のサービスは、実に様々なイベントの際に対応できるため、老若男女を問わず需要が高まっています。